基本情報

セーターをクリーニングに出すべき理由、料金、出し方を徹底解説!

冬場に活躍するセーター、お気に入りのものは出来るだけ長持ちさせたいですよね。しかし、セーターはお手入れが難しい衣類です。洗濯の方法を間違えると縮んだり型崩れが起きたりしてしまいます。一方洗濯をしないまま保管すると、冬の間にたまった汚れから変色やカビ、虫食いが生まれてしまいます。

ただ、いくつかのポイントさえ押さえておけば、大切なセーターを長く着続けることができます!

自宅で洗うのか、クリーニングに出すのか、クリーニングに出すなら料金はどれくらいなのかなど、セーターをキレイに保ち続けるコツを徹底解説します。

クリーニングに出すセーターと自宅で洗えるセーター

セーターのお手入れでまず重要になるのが、クリーニングに出すか、自宅で洗濯をするかですよね。セーターには必ずクリーニングに出さなければならないものと、自宅でも洗えるものの2種類があります。

クリーニングに出すセーター

ウールやカシミヤなど天然繊維100%のセーターは、水に弱いので自宅で洗濯ができません。無理に洗うと縮みの原因となり、乾かす際に型崩れが起きる可能性もあります。これらの洗濯表示に「水洗い不可」と記載されているセーターは、必ずクリーニングに出しましょう。

洗濯表示

自分で洗えるセーター

洗濯表示に「水洗い不可」と記載されていないセーターは、自分で洗濯ができます。手洗い、または洗濯機の「ドライコース」や「手洗いモード」を利用すれば可能です。しかし、アクリルやウールなど素材によっては水温30度以上で縮んでフェルト化してしまうものがあったり、濡れたセーターは伸びやすくなっていたりなど、リスクが伴います。

また、セーターといえば汚れやシミ以上に毛玉が気になるもの。自宅でセーターを洗うと毛玉ができやすくなるというデメリットもあります。毛玉ができたからと言ってお気に入りのセーターを捨てるのは勿体ないし、自分で取ろうとして生地を傷めるのも怖いですよね。

毛玉ができたセーター

セーターをクリーニングに出すメリット

セーターを自宅で洗うことは手間がかかり、失敗すると型崩れや毛玉が起きて大変なことになってしまいます。そのため、水洗いできるものでも長く着たいセーターはクリーニングに出すことをオススメします!

クリーニング屋さんでは、「ドライクリーニング」という、水を使わずに石油系の溶剤で洗う方法で洗濯します。洗った後は専用のスチームやアイロンで形を整えます。そのため、伸びや縮み、毛羽立ちもなくキレイな状態でセーターが返ってくるんですね。

また、無料か有料かはお店によりますが、クリーニングに出せば毛玉のケアも一緒にしてもらえるんです。洗濯のプロであるクリーニング屋さんに任せることで、お気に入りのセーターをキレイに保ちましょう。

クリーニング屋さんが行う「ドライクリーニング」と家庭用洗濯機の「ドライコース」は、言葉はよく似ていますが全くの別物です。クリーニング屋さんの「ドライクリーニング」は、専用の溶剤を使用し、水を使わずに洗濯する手法。一方、家庭用洗濯機の「ドライコース」は「エマール」などオシャレ着用の中性洗剤を投入し、通常通り水で洗濯します。

「ドライクリーニング」が必要なセーターを、間違えて「ドライコース」で洗わないように気を付けましょう!

どのマークにどんな意味があるのか、洗濯表示について知りたい方は以下URLをご覧ください。
平成28年12月1日から新しくなった洗濯表示マーク
(消費者庁公式ホームページ「洗濯表示(平成 28年12月1日以降)」)

平成28年11月30日まで使われていた洗濯表示マーク
(消費者庁公式ホームページ「洗濯表示(平成28年11月30日まで)」)

セーターのクリーニング料金相場

セーターをクリーニングに出すとなると、一体どれくらい料金がかかるのでしょうか?

セーターのクリーニング料金はシャツなどに比べると相場が高く、1枚400円~600円程度が目安です。ブランド品や高価なセーターを洗うコースでは、1枚1,000円~2,000円程度になる場合もあります。

セーターをクリーニングする料金

セーターをクリーニングに出す頻度と時期

冬場に何着も着回しているセーターをその都度クリーニングに出すとなると、出費が増えないか不安ですよね。しかし、実はセーターは汚れにくい素材で出来ているのです。こまめにクリーニングに出す必要はありません。

着る頻度にもよりますが、セーターは1シーズン1~2回のクリーニングで充分キレイに保つことができます。具体的には、シーズン中セーターを着ている間に1回。そして、衣替えをして長期収納する前にもう1回クリーニングをするのが目安となります。

よく着るセーターであれば、臭いや汚れ、毛玉が気になるタイミングでクリーニングに出すことも効果的です。逆にそれほど着用していないセーターであれば、衣替えの前に1回クリーニングに出せば充分でしょう。

セーターをクリーニングする頻度

また、衣替えの時期はセールやキャンペーンを行っているクリーニング店が結構あります。クリーニングの頻度が少なくてよく、必要なタイミングでセールがあるため、費用面でも安心ですね。

ただ、セーターはその他のお洋服よりクリーニングに日数がかかります。お店にもよりますが、大体5~7日程度が目安です。撥水・防水加工などのオプションコースを選んだ場合はさらに日数が伸びる可能性もあります。シーズン中に出す場合は、余裕をもってクリーニングに出しましょう。

クリーニングに出さない間、ちょっとしたケアを行うとセーターをキレイに保てます。汗などの内側の汚れは乾かすこと、ホコリなど外側の汚れは払い落すことが有効です。

セーターをクリーニングに出す前、出した後のポイント

料金と頻度が分かったところで、いざクリーニングへ! と行きたいところですが、セーターは素材上型崩れなどが出来やすいもの。

クリーニングの前にきちんと状態をチェックしておかないと、クリーニングの後傷ができていたときにクリーニング屋さんとのトラブルになりかねません。また、クリーニングに出したことで安心して誤った収納方法を取ってしまうと、虫食いや型崩れなどの原因にもなります。

クリーニングでのトラブル

クリーニングの前後で気を付けるべきポイントは何か、見ていきましょう。

クリーニングに出す前

まず、クリーニングに出す前に汚れやシミ、ほつれがないかを確認します。クリーニングに出した後の状態と見比べられるように写真を撮っておきましょう。万が一クリーニング後に型崩れなどが起きていた場合、クリーニング前の写真を見せることで無料の再仕上げや補償対応を行ってもらえる可能性があります。

クリーニングに出した後

セーターがクリーニングから戻ってきたらまずは状態を確認。汚れがあった場合はきちんと落ちているか、型崩れやほつれができていないかなど、クリーニング前の状態と比べます。もし状態が悪化していた場合は、クリーニング前の写真をクリーニング屋さんに見せて再仕上げなどの対応をお願いしましょう。

そして、セーターを収納する際は必ずビニールカバーを外します。ビニールは通気性が悪く、カビの原因になるからです。また、タンスなどに防虫剤を入れておくと虫食いの予防ができます。さらに心配な方は、100円ショップなどで売っている圧縮袋の使用もオススメです。密封して空気の入らない環境を作ることで、強力な虫予防になります。圧縮袋から出したときにシワが気になる場合は、スチームアイロンなどをかけるとシワがキレイに伸びます。

また、セーターを保管する際にハンガーを使うのはNGです。伸びの原因になるため、畳んだ状態で収納するようにしましょう。

畳んだセーター

セーターを長持ちさせるには

自宅で無理に洗おうとすると、生地が縮んだり型崩れが起きたりして、せっかくのセーターが台無しになってしまいます。だからと言って洗濯をしないでいると、着ている間に付着した汚れから変色や虫食いが発生してしまいます。

大切なセーターをキレイな状態で長持ちさせるためには、クリーニングを上手に活用しましょう!

最もオススメの宅配クリーニング業者は、別の記事で紹介しています。51業者を徹底的に比較したので参考になると思いますよ!
【2019年10月のベスト】おすすめ宅配クリーニングを徹底比較!業界裏話

関連記事

Back to top button
Close