比較

宅配クリーニング「詰め放題」徹底検証!本当にお得なおすすめランキング

宅配クリーニングについて調べていると、「詰め放題」という言葉がよく見受けられます。

品物ごとに価格の決まっている店舗型のクリーニングと異なり、複数の品物をまとめて送ることが前提の宅配クリーニングでは、「詰め放題」方式を採用しているサービスもあるのです。

では、この詰め放題はどのようなサービスなのでしょうか。そして、おトクなのでしょうか。

この記事では、宅配クリーニングの「詰め放題」について徹底的に検証します!

「詰め放題」サービスって何?

一部の特殊品を除き衣類であれば何をお願いしても1点あたりの価格が変わらないのが宅配クリーニングの「詰め放題」サービスです。

宅配クリーニングには、業者から送られてくる集荷バッグ1つに対してまとめて料金が設定されているサービスがあります。Yシャツもダウンコートも同じ価格でクリーニングしてもらえるということです。

「衣替えでコートを数点クリーニングに出したい……」というとき、重さもお値段もかさんで困ってしまいますよね。そんなお悩みを解決してくれるのが、宅配クリーニングの「詰め放題」サービスなのです。

賢く使えばダウンコートが1点あたり500円程度でキレイになって戻ってくるなんてこともありますよ。

詰め放題の「上限」って?

「詰め放題」と謳っているサービスのなかには、実は「○点まで詰め放題!」と書かれているものが多数あります。

上限点数が定められているため、残念ながら文字通りの「詰め放題」とは言えませんが、決められた点数であればどのような組み合わせでもOKというサービスや、スーツなどをまとめて出すことができるサービスなど、業者によってさまざまな特徴があり、賢く利用すれば店舗に出すよりもはるかにおトクにクリーニングしてもらうことができます。

ワイシャツやネクタイなどを出したい場合は、2点や3点で1点としてカウントしてくれるサービスを選ぶのがおすすめです。

上限なしの「詰め放題」サービスはある?

集荷バッグに入る一般衣類であれば何点でもOKという文字通りの「詰め放題」サービスも少数ながら存在します。SENTAKU編集部の調査では、各社同様のサイズの集荷バッグを利用しています。およそ57.5×34.5×14cmサイズで、会社によって各辺の差が5〜10mmほどしか変わりません。このサイズですと、詰め方を工夫することでたくさんの衣類を詰め込むことができて、サービスによっては1枚あたり300〜400円でクリーニングしてもらえることもあります。

とにかく安くたくさんの品物をクリーニングしてほしい、という場合には、文字通りの「詰め放題」サービスを利用して、どれだけ入るかチャレンジしてみるのがおすすめですよ。もちろん、クリーニングの質も安かろう悪かろうではなく、きちんと丁寧に仕上げてくれるサービスが存在します。

ただし、無茶な詰め方をすると衣類にシワがついてしまいますし、集荷キットが壊れると出せなくなってしまうので、無理は禁物です。

「詰め放題」本当におトクなの?

それでは、「詰め放題」の宅配クリーニングサービスが本当にそのほかの宅配クリーニングサービスよりもおトクなのか検証してみましょう。

SENTAKU編集部が50サービス以上の宅配クリーニングサービスを調査したところ、上限枚数の制限がない文字通りの「詰め放題」サービスを提供している会社が3社ありました。この3社は、上限10点まで衣類を入れることのできるサービスも提供しているので、詰め放題プランとのコスパ比較を実施しました。

詰め放題とパッケージサービスどちらがお得?

各社の料金を確認すると、上限が10点のサービスは平均5,655円、衣類1枚あたり566円でした。

一方、「詰め放題」のサービスは、15〜20点程度入ると言われています。夏物など薄手のものを中心に25点ほどまで入れることも不可能ではありません。

このサイズの「詰め放題」サービスの平均価格は8,236円。サービスによって多少価格に差はありますが、15点入れれば1点あたり549円と、上限10点のコースよりおトクに利用できる計算になります。

隙間にストールなどの小物を詰め込むことでさらにおトクにたくさんの品物をクリーニングしてもらうことができます。詰め方を工夫することで、より多くのものを洗ってもらいましょう。

「詰め放題」サービスを利用する際の注意点

便利な「詰め放題」サービスですが、なんでも洗ってもらえる、というわけではありません。高いコストパフォーマンスを誇る「詰め放題」サービスでは、特殊な取扱いが必要な衣類は対象外となっています。一般的なクリーニング店で別途料金がかかったり断られたりするような製品は依頼できないと考えたほうがよいでしょう。

サービスによっても取扱い可能な製品は多少異なりますが、皮革や毛皮といった特殊素材、高級ブランド品、和服など、特殊な取扱いを必要とする衣類は、詰め放題サービスではまず洗ってもらえません。そうした衣類は特殊な技術と設備を有している専門業者に依頼しましょう。

ダウンは扱ってもらえることが多いですが、モンクレールやカナダグースといった高級ダウンは通常のドライクリーニングには適していないので、専門のサービスを提供している業者に依頼するのがおすすめです。

皮革や毛皮といった特殊素材、高級ブランド品、和服など、特殊な取扱いを必要とする衣類のクリーニングを検討している方は、こちらの記事で専門業者をご紹介しているので参考にしてみてくださいね。

また、バッグに際限なく詰め込めてしまうようなネクタイなどの小物や子供服に関しては、種類別に上限点数が設けられていることもあるようです。

せっかく詰め込んだ衣類が取扱いできない品だと手間もお金もムダにかかってしまうので、各サービスの注意事項をよく読んでから利用するようにしましょう

宅配クリーニング詰め放題サービスランキング

52業者を検討して、3社を選びました。

3社とも、上限なしの文字通りの詰め放題を提供しているので、とてもコスパ良く利用できます。あまり有名なサービスではありませんが、質の高いサービスを提供しているのでおすすめです。

  • ママ.クリーニング小野寺よの保管サービス

    「ママ.クリーニング小野寺よ」は、山形県に多数の店舗を展開するクリーニング店です。独自開発の「スーパードライクリーニング」が自慢。オゾンとバイオセラミックスを利用した技術で、匂いと汚れをきれいさっぱり落とし、抗菌効果を与えて美しく清潔に仕上げてくれます。

    詰め放題サービスは、日常衣類向きの57.5×34.5×14cmのMサイズと、衣替えにもぴったりの65×47×20cmのLサイズを提供しています。

    バッグは大きく、何を出すかにもよりますが、計算すると1点あたり2~300円だったという口コミが多数。安価なだけでなく仕上がりも非常に丁寧で、シミもキレイに落としてくれますよ。口コミ評価も非常に高く、人気のサービスです。

    金額 ・詰め放題Mサイズ7992円 ・詰め放題Lサイズ14040円
    会員 楽天の無料会員登録が必須。
    送料 東北・関東・甲信越地域無料、北陸・中部・関西地方630円、中国地域945円、北海道・九州・四国地方1575円、沖縄県6300円。
    主な取扱い品 ・一般衣類
    納期 工場に依頼品到着後4~6週間。
    対応都市 全国
    ・丁寧な仕上がりで口コミ高評価。
    ・独自開発の「スーパードライクリーニング」が自慢。
    ・シミ抜き無料。
  • フジクリーニングの保管サービス

    フジクリーニングは、愛媛県にチェーンを展開するクリーニング会社です。専用集荷袋に詰め放題で衣類を入れて依頼できる「満服(まんぷく)シャトル」は、人気サービスのため発売開始数分で売り切れてしまうこともあるのだとか。毎月1日・15日に再販されるので要チェックですよ。

    販売数が限られているのは、納期が早さと丁寧さにこだわっているから。繁忙期でも15営業日で発送されるので、日常遣いの衣類も安心してお願いできます。

    洗浄に使う水は泡立ちがよく洗い上がりの綺麗な軟水。ドライクリーニングには、静電気防止・柔軟・抗菌の3つの加工を無料で付与。「見違えるようにキレイになって帰ってきた」という声もあり、安いだけじゃないコスパ抜群のサービスです。

    金額 ・詰め放題Sサイズ7980円 ・詰め放題Lサイズ13284円
    会員 楽天の無料会員登録が必須。
    送料 一部地域を除き往復送料無料。
    主な取扱い品 ・一般衣類
    納期 工場に品物到着後7~10日前後。
    対応都市 全国
    ・品質、コスト、納期の3つを追求する姿勢。
    ・入れ放題サービス、保管付きサービスもあり。
    ・基本シミ抜き、ドライクリーニング品の静電気防止加工・柔軟加工・抗菌加工、一部地域を除く送料が無料。
  • ファインクリーニングの保管サービス

    「ファインクリーニング」は、東京都品川区に店を構える「日米クリーニング」が提供する宅配クリーニングサービス。実店舗は創業50年を超え、地域の人々に愛されてきた信頼の置けるお店です。

    詰め放題の大は大人が抱えるようなサイズ感のしっかりとしたバッグが届き、品物にもよりますが、20~40点程度詰めることができた、という口コミが。

    他のサービスでは制限されていることも多いネクタイやカシミア素材なども数を問わず、袋がいっぱいになるまで詰めることができるので、お得感を重視する人にはぴったりです。また、圧縮袋付きでよりたくさん詰め込めるサービスも提供されていますよ。本州は送料無料なのも嬉しいポイントです。

    金額 初回限定10点パック4946円。詰め放題大バッグ14568円。
    会員 楽天の無料会員登録が必須。
    送料 一部地域を除き往復送料無料。
    主な取扱い品 ・一般衣類
    対応都市 全国
    ・創業50年超の老舗。
    ・全品手仕上げ。
    ・一部地域を除き往復送料無料。

おまけ:詰め方のコツ

衣類を詰めれば詰めるほどおトクに利用できる詰め放題サービスですが、どのような詰め方をすれば、よりたくさんのものを無理なくバッグに詰めることができるのでしょうか。

以下に、詰め方のコツをまとめてみました。

  1. アウターなど大きなものは極力コンパクトに丸める
  2. 畳みやすいものはバッグのサイズに合わせて畳む
  3. 厚手のニットなどはクルクル丸める
  4. 最初に、厚みがなく手を離しても膨れないものをできるだけフラットに入れる
  5. アウターなどのかさばるものを入れる
  6. 隙間に、コンパクトに丸めたニットやTシャツ、ストールやマフラーなどを詰めてゆく
  7. 上部にネクタイ、Yシャツなどをコンパクトに畳んで入れる

せっかくの詰め放題サービスですから、アウターなど単価の高いものを洗ってもらいたいですよね。「詰めている途中で肝心のアウターが入らなくなってしまった!」なんてことになっては二度手間なので、基本的には優先度の高いものから詰めていくことをおすすめします。

ただし、ダウンなどアウターは手を離すとふっくらしてしまうものが多いので、毎回ぎゅうぎゅう押し込むのは大変ですし、服もシワだらけになってしまいます。

まずはバッグのサイズに合わせて極力フラットに畳んだシャツなど、手を離しても膨れないものをある程度入れてから、アウターを丸めて入れましょう。残った空間にニットなど、シワになりにくいものをクルクル丸めて入れ、さらに隙間をストールやマフラーなどで埋めます。

ネクタイなどは上のほうに入れるようにしましょう。

コツは、手を離しても膨らまないものは極力フラットに畳む、手を離すと膨らんでしまうものは極力コンパクトに丸めることです。クシャクシャにならず、スマートに収納できますよ。

また、最後にチャックを閉めなくてはならないので、上のほうはできるだけ凹凸のないように詰め込むのが重要です。こちらを参考にたくさん詰め込んでみてくださいね。

Back to top button
Close