基本情報

【全知識】コートをクリーニングする方法、出し方、ポイント

コートってクリーニングが必要?

ひとくちにコートと言っても、その種類や用途は様々です。防寒着として優れているもの、オシャレでスタイリッシュなもの、素材が丈夫なもの、素材が繊細で高級なもの、などなど。

しかし、どのコートにも共通して言えるのは、一般的な衣類よりも高価であること、冬場の使用頻度が高くなること、そして、なかなか自宅では洗濯できないことではないでしょうか。

そこで今回は、コートはそもそもクリーニングに出す必要があるのか、出す場合はどうすればいいのかなど、コートをクリーニングしたい時に必ず役立つ情報をたっぷりお届けします。

コートをクリーニングしないとこうなる!

コートは基本的に外で着用しますよね。つまり、常に外気にさらされていることになりますので、ワンシーズンも着ると、様々な汚れが付着し、蓄積してしまいます。

また、ほとんどの方は2着か3着のコートを使いまわしているかと思いますので、必然的に使用頻度が高くなります。なかには、ついついお気に入りのコートも何日間も続けて着用してしまう、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一見、どこも汚れていないように見えるコートでも、汗や皮脂、砂ぼこり、花粉、排気ガス、雨、雪などで確実にダメージを受けています。ダメージを受けた状態のコートをクリーニングせずにそのまま放置しておくと、シミができたり、虫に食われたり、カビが発生したり、異臭がしたりしてしまう可能性があります。

コートをクリーニングに出すべき理由

収納する前はキレイだったのに、いざ着ようとクローゼットから取り出してみたら目も当てられない状態になっていた、なんてことはよく聞く話です。ひどい時には、一緒に収納していた他のコートにまで被害が及んでしまうこともあります。

とにかく大切なのは、汚れているコートをそのままにしておかないことです。汚れたコートを放置してしまうと、劣化が進行するだけでなく、本来であれば落とせるはずだった汚れを落とせなくなってしまいます。

愛用のコートを長く、キレイな状態で着用し続けるために、定期的にクリーニングに出すようにしましょう。汚れが付着しやすい襟周りや袖口、ポケットは特に要注意です。

自分で洗えるコートと洗えないコート

たくさんのコート

自分で洗えるコート

<水洗いできるもの>
洗濯表示を確認すると、水洗いできるコートなのか、そうでないのかが分かります。水洗いできるコートであれば、基本的には自分で洗うことができます。

洗濯機を使用していいのか、手洗いにするべきなのかも洗濯表示に記してありますので、きちんと確認してください。

ただし、水洗いできるコートでも、シルエットや風合いを保つのは素人には難しい場合もあります。絶対に洗濯で失敗したくない大切なコートは、たとえ水洗いできてもクリーニングに出すのが無難かと思います。

洗濯表示について詳しく知りたい方は、下記URLをご確認ください。

平成28年12月1日から新しくなった洗濯表示マーク
(消費者庁公式ホームページ「洗濯表示(平成 28年12月1日以降)」)

平成28年11月30日まで使われていた洗濯表示マーク
(消費者庁公式ホームページ「洗濯表示(平成28年11月30日まで)」)

自分で洗えないコート

<水洗いできないコート>

水洗いができないコートは、水洗いしてしまうと色落ちや収縮、型くずれなどが起きてしまう可能性が高いです。

水洗いできないコートの洗い方を紹介しているサイトや個人ブログもありますが、少しでも不安がある方や、洗濯に慣れていない方は真似しないほうがよいでしょう。

<素材が高級なコート>
レザーのコート

リアルファー、アンゴラ、カシミア、皮革製品など、高級な素材は扱いが大変難しいので、クリーニングに出しましょう。高級素材ならではの風合いやシルエットは、プロの技術でないと保つことができません。

コートをクリーニングに出すべき頻度

最低でも、シーズン終わりに一回は必ずコートをクリーニングに出すようにしましょう。衣替えのタイミングで出すようにすると管理がしやすくてよいですね。

また、多くのクリーニング店ではシーズン終わりに一度だけクリーニングに出すのではなく、「中間洗い」といって、シーズンの真ん中にもクリーニングに出す方法をおすすめしています。

つまり、シーズンの真ん中とシーズンの終わり、計2回クリーニングに出すことで、コートを汚れや型くずれなどのダメージから守ることができるわけです。

コートが必要な期間がだいたい12月から2月までと考えても、3ヶ月間繰り返し同じコートを着用するわけですから、確かに1度だけのクリーニングでは足りないかもしれません。

とは言え、クリーニング代も安くはありませんから、特に高級なコートや思い入れがあるコートのみ、「中間洗い」をするとよいかもしれません。

コートはシーズンを問わず一年中クリーニングに出すことができます。あえてシーズンを外すことで、通常よりも早めに仕上がるかもしれません。店舗によっては、冬物のみに使える割引クーポンを発行しているところもありますので、ぜひ確認してみてくださいね。

コートのクリーニングサービスについて解説

コートのクリーニングに必要な日数

コートをクリーニングするには一般的な衣類よりも時間がかかります。コートの種類や店舗にもよりますが、最低でも4〜7日ほどかかると思っておくとよいでしょう。

クリーニング後すぐに着用したい用事がある場合は、余裕を持って出すようにしてくださいね。どうしても早く仕上げてほしい場合は、受付の際にクリーニング店のスタッフに相談しましょう。

冬が終わる3月下旬や4月上旬頃は、冬物の衣類が大量に持ち込まれるため、クリーニング店が混み合います。コートのクリーニングは1年中受け付けてもらえるので、目立つ汚れや気になる点が特にない場合は、少し時期をずらすとよいかもしれません。

特別な技術を要する革のコートは最も時間がかかります。仕上がりまでに3〜4週間、あるいはそれ以上かかることもあるので注意してください。

コートのクリーニング代金、金額相場

クリーニングの代金、料金、金額相場
コートの種類 価格帯 解説
ロングコート 約1,000〜3,000円 膝下からくるぶしまで丈があるコートがロングコートです
ハーフコート 約800〜2,500円 腰から膝上まで丈があるコートがハーフコートです
ニットコート 約1,500〜2,000円 ニット素材のコートは丈の長さに関係なく素材で判断されます
*1ダウンコート 約2,500〜3,500円 羽毛の油分が取れないようにウェットクリーニング処理をします
*2シームレスダウンコート 約7,000〜9,000円 接着剤として使用しているボリウレタン樹脂の劣化を抑えるためウェットクリーニング処理をします
*3高級アパレルのダウンコート 約6,000〜9,000円 より高度な技術で洗浄する必要があるため値が張ります
マッキントッシュのゴム引きコート 約6,000〜10,000円 ゴム引きコートを専門に扱う業者でのみクリーニングができます
ベンチコート 約2,000〜3,000円 撥水加工や防寒対策など特別な加工がされているため値が張ります
革のコート 約6,000〜10,000円 全ての作業において特別な技術が必要になるため値が張ります
*1ダウンコート:羽毛の動物性油分が抜けてしまうと保温性が低下してしまうため、必ずウェットクリーニング処理をしてもらうようにしてください。ドライクリーニングしかできないクリーニング店でもダウンコートのクリーニングを受け入れている店舗がありますが、その場合は処理方法をよく確認しましょう。

*2シームレスダウンコート:接着剤として使用しているポリウレタン樹脂は、ドライクリーニング処理を施すと劣化してしまうため、必ずウェットクリーニング処理をしてもらうようにしてください。なかにはドライクリーニング処理でも問題ないとしているクリーニング店もありますが、その場合は接着部分が剥がれた場合、保障してもらえるのかどうか確認しましょう。そもそも、シームレスダウンコートは取り扱っていない店舗も多いです。

*3高級アパレルのダウンコート:モンクレール、デュペティカ、カナダグース、バーバリー、パタゴニアなど。一般的なクリーニング店ではなく、専門的な技術を持つクリーニング店に出すようにしてください。

コートの種類や素材、クリーニング店によってかなり差があるので、明確な相場は存在しませんが、一般的なコートの場合、クリーニング代は1着あたり1,000〜3,000円ほどになります。

多くのクリーニング店ではコートの丈の長さによって料金を設定しています。ダッフルコートに使用されている特徴的な留め具など、装飾品があるコートは追加料金を請求される場合があるので注意が必要です。

クリーニング店を選ぶ際は、価格の理由やサービス内容をしっかりと確認し、複数のクリーニング店を比較検討することをおすすめします。それくらい、コートのクリーニング代は店舗によってバラつきがあります。

なかには返金保証制度を用意しているクリーニング店もあるので、高級アパレルや高級素材を使用したコートをクリーニングに出す場合は、そういった制度を設けているクリーニング店を利用するとよいでしょう。会員登録をすることで会員割引が適用される、あるいはクーポンを発行してくれる店舗もあるので確認してみてください。

防虫加工や撥水加工、防臭加工などのオプションを利用する場合は追加料金がかかります。
取り外しができる付属品はコートから取り外され1点として換算されるので、追加料金ではなく、付属品分のクリーニング代がかかります。ライナーやトレンチコートのベルト、フェイクファーであれば約300〜1,000円程度で済みますが、リアルファーの場合、2,000円以上かかることがありますので、目立った汚れがなければクリーニングに出す前にコートから外しておき、自宅でブラッシングなどのケアを行うのもひとつの手です。

また、できるだけクリーニング代を安く抑えたいなら、「宅配クリーニング」の利用も検討してみるとよいでしょう。「宅配クリーニング」は自宅で梱包した衣類を宅配業者に預けるとクリーニング店がクリーニングを行って返送してくれるサービスで、洗濯物の「詰め放題」など、宅配クリーニングならではのお得なメニューを多数取り揃えています。

コートのクリーニングの出し方

コートをクリーニングに出す方法を解説します。

コートをクリーニングに出す前にやるべきこと

①付属品を外す

コートのファー

コートに取り外しができる付属品がついている場合、予め外しておきましょう。具体的には、ライナーやフード、トレンチコートのベルトやファーなどです。

クリーニング店では、それぞれの素材に相応しい洗浄方法を採用するため、コート本体と付属品、それぞれを1点の洗濯物として扱い、対応します。そのため、コートから付属品を外しておくと、スムーズに受付と会計を済ませることができます。

付属品に目立つ汚れがない場合や、自宅で手入れができそうな素材の場合、付属品はクリーニングに出さないということもできます。冬物のクリーニングはお金がかかるので、賢く節約したいですね。

②ポケットの中身を空にする

クリーニング店でもポケットの中身を確認してはくれますが、毎日膨大な量の衣類を洗濯していますので、ポケットの中身まで保管し、返却してくれるとは限りません。必ず自分で確認し、ポケットの中身を空にしましょう。

③汚れやシミを確認する

特に気になる汚れやシミは、必ずクリーニング店のスタッフに伝えましょう。また、預ける前と預けた後の状態を比較するために、クリーニングに出すコートの写真を何枚か撮影しておくとよいでしょう。

④ほつれやボタンの状態を確認する

コートのボタン

もし、裾がほつれていたりボタンの一部が紛失、あるいは破損していたら、自分で修繕するか、クリーニング店に修繕してもらうようにしてください。ほつれや破損をそのままにしておくと、洗濯中にその箇所からダメージが広がってしまう可能性があります。

最悪の場合、他の衣類にも影響を与えてしまうので、コート全体を注意深く確認するようにしてください。

⑤不要な紙袋に入れる

コートをハンガーにかけたり、コートにビニールカバーをかけたり、丁寧に梱包してクリーニング店に持っていく方もいるかと思いますが、クリーニング店で預かってくれるのは衣類だけで、ハンガーやビニールカバーなどは家に持ち帰るか、その場で破棄することになります。

手間にならないよう、クリーニングに出したいコートはそのままの状態で軽くたたみ、不要な紙袋に入れて店舗に持っていくとよいでしょう。

クリーニング店に到着するまでにかなり時間がかかる場合は、型くずれを防ぐためにハンガーにかけ、ビニールカバーなどで保護するようにしましょう。

コートが返却されたらやるべきこと

クリーニングから返却されたコートをそのまま保管しておくのは間違いです。せっかくクリーニングで綺麗になったのなら、次のシーズンまで大切に保管しましょう。

コートがクリーニングから戻ってきたらやること

①ビニールカバーとハンガーを外す

クリーニング店がつけてくれたビニールカバーとハンガーは、必ず外すようにしてください。

クリーニング店から返ってきたコートは、通常、ハンガーにかけられた状態の上からビニールカバーがかかっています。このビニールカバーとハンガーはあくまで簡易的なものなので、実用や保管には向いていません。

ビニールカバーは通気性が悪く、カビの発生や素材が劣化する原因になります。ハンガーも、コートの肩幅に合っていない、あるいはコートの重みに耐えられないものを使用すると、せっかくキレイにしたコートが型くずれしてしまいます。

店舗によっては、ビニール製ではなく不織布製のカバーをサービス、またはオプションでかけてくれるところがありますので、確認してみてください。

②干す

クローゼットなどに収納する前に、半日ほど干して湿気を完全に取り除きましょう。湿気を取り除くことが目的ですので、部屋干しで問題ありません。むしろ、外に干してしまうと新たにホコリや花粉が付着してしまうかもしれませんので避けてください。

クリーニングに出したコートは、業務用の特別な溶剤を用いて洗濯されています。返却される頃にはその溶剤はほぼ乾いていますが、万が一残っていた場合、そのまま保管してしまうと、次に着た時に皮膚が低温やけどしてしまうことがあります。

滅多にないことではありますが、念のため気をつけましょう。

③カバーをかける

ビニール製ではなく、不織布製などの通気性のよいカバーをコートにかけましょう。

クリーニングで防虫加工をお願いしていない場合は、防虫効果のあるカバーの使用をおすすめします。防虫効果が1年間持続するタイプのものが1枚あたり100円程度で一般的に販売されています。

④ハンガーにかけて収納する

型くずれしないように、コートのシルエットに合っているハンガーにかけて、クローゼットなどに吊るして収納しましょう。

コートによってはたたんで収納しても問題ないものもありますが、ほとんどのコートは型くずれやシワに弱いため、基本的には吊るして収納してください。

クリーニング店によっては、コートを次のシーズンまで保管してくれるサービスを行っているところもあります。

どんなクリーニング屋さんを選べばよいの?

クリーニング屋さんは沢山ありますが、大切なコートなら適切なクリーニング屋さんを選んでお願いしましょう。

急ぎたいならお近くのクリーニング店を選ぶ

特に目立った汚れやシミがなく、シーズン終わり、または衣替えのタイミングで一般的な素材のコートをリフレッシュさせたい場合や、スピーディーに仕上げてもらいたい場合は、自宅からアクセスがよい地域のクリーニング店チェーンのクリーニング店に持っていくことをおすすめします。

高級なコートや酷い汚れを落とすには専門クリーニング店へ

高級なコートを、購入した当時の風合いを保ったまま徹底的にキレイにしたい、あるいは自力ではどうすることもできない汚れが付着してしまったコートを洗濯したい場合は、専門的な技術を持つクリーニング店に持っていくことをおすすめします。ブランド物を洗うコースや、シミ抜きに重点を置いたコースを設けているクリーニング店はたくさんあります。

専門的な技術を持つクリーニング店が近くにない場合や、コートを含む大量の洗濯物を一気にクリーニングに出したい場合は、宅配クリーニングを利用することをおすすめします。

宅配クリーニングに馴染みがない、どんな宅配クリーニング業者があるのか知らないという方は、おすすめの宅配クリーニング業者をまとめた記事がありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【全50社】宅配クリーニングの利用シーン別おすすめ業者一覧!

コートのクリーニングで注意したい点

コートに限った話ではありませんが、タグがない、あるいは印字が薄くなっているなどの理由で洗濯表示が確認できないコート、水洗いもドライクリーニングもできないコートなどは基本的にクリーニングに出すことができません。

このようなコートをクリーニングに出したい場合は、事前に事情を伝え、クリーニング店のスタッフと相談してください。特別料金でも構わない、失敗しても文句を言わないなどの条件付きでクリーニングしてくれるかもしれません。

クリーニング店のコートの洗濯手法

ここからは更に詳しく、クリーニング店のコートの洗濯手法を解説します。クリーニングに出したコートは、どのような方法で洗濯されるのでしょうか。

店舗やコートによってその内容は異なりますが、一般的な例をご紹介いたします。

かなり細かい内容なので、気になる方だけ読み進めて頂ければ大丈夫です。

  1. コートにタグを付ける
  2. 洗浄方法を決める
  3. 洗浄する準備を行う
  4. シミ抜きと洗浄を行う
  5. 加工を施す
  6. 乾燥させる
  7. アイロンをかける
  8. 検品する

コートにタグを付ける

ポケットの中身や付属品の有無を確認した後、受け取りに必要な伝票と同じバーコードが記されたタグを付けます。

付属品がある場合はコート本体から取り外され、ひとつずつタグが取り付けられます。コート本体と付属品の素材は異なることが多く、それぞれに適した方法で洗浄されます。そのため、コート本体と付属品は別料金になるのです。

このようにタグを付けるおかげで、大量の衣類が誰のものなのか、どのコートと付属品がセットなのかを把握できるわけです。

洗浄方法を決める

コートの種類や状態を確認して、洗浄方法を決定します。基本的には洗濯表示に従って洗浄方法を決めることになります。

クリーニングに出されるコートは水洗いができないものがほとんどなので、自宅ではできない、特殊な洗浄方法が用いられます。主な方法は以下の2パターンです。

メニュー
(クリックで詳細情報)
内容
ドライクリーニング 水洗いできない衣類に付着した*1油溶性の汚れを有機溶剤を用いて落とす方法
ウェットクリーニング 水洗いできない衣類に付着した*2水溶性の汚れを特殊な技術を用いて落とす方法

*1油溶性の汚れ:油に溶ける汚れのこと。水で落とすことができない。具体的には皮脂、ファンデーション、チョコレート、油性ボールペン、朱肉、油性インクなど。

*2水溶性の汚れ:水に溶ける汚れのこと。一般的な洗濯方法で落ちる可能性が高いが、付着してから時間が経過したものは落としにくい。具体的には汗、アルコール類、醤油、コーヒー、お茶、タバコの灰など。

<ドライクリーニング>
ドライクリーニングは、水洗いできない衣類を洗濯するために19世紀頃のフランスで開発された方法で、工業ガソリンなどの石油系有機溶剤を使用します。

油を油で落とすという原理を利用し、水では落とすことができない油溶性の汚れを落とすことができます。メイクをオイルクレンジングで溶かして落とすのと同じです。

また、水とは違い、衣類の繊維にほとんどダメージを与えません。ドライクリーニングの際に使用する溶剤にティッシュペーパーを入れても、溶けずに残り続けるそうです。

しかし、ドライクリーニングが落とせるのは油溶性の汚れのみとなり、水溶性の汚れは落とすことができません。

<ウェットクリーニング>
ウェットクリーニングは、衣類の型崩れや収縮を防ぐことができる特殊な洗剤を用い、できる限り使用する水を控えて洗濯する方法です。

本来であれば水洗いが不可能な衣類に染み付いてしまった、あるいは家庭ではどうすることもできなくなってしまった水溶性の汚れを落とすために使われる技術で、クリーニング店によって使用される洗剤や機材、方法が異なります。

ウェットクリーニングの歴史はまだ浅く、今もなお開発が続けられています。最もプロの腕が試されるのはこのウェットクリーニングだと言えるでしょう。

洗浄する準備を行う

コートのシルエット、装飾、ボタンなどが特殊な場合、洗浄や乾燥を行う際に損傷しないよう、予め対処します。

例えばくるみボタンや貝ボタンなどは割れやすいので、ひとつひとつ丁寧にカバーで保護します。ブランドのタグ、バックルなど、重要な素材や他の衣類を傷つけてしまう恐れがある部品も同様です。

また、預かる時に見つけられなかったほつれなどを発見した場合は、その箇所からダメージが進行してしまわないよう、可能な限り修繕します。

シミ抜きと洗浄を行う

コートの種類と状態を確認し、決定した方法で洗浄します。業務用の洗濯機と溶剤、または洗剤を使うことで、衣類へのダメージは最小限に、しかし汚れは徹底的に洗い落とすことができます。

また、洗浄を行う際に、並行してシミ抜きやカビの除去なども行います。特に、シミ抜きは職人の腕が光る作業です。自宅でシミ抜きを行う時とは違い、スチームやエアーが出る業務用の機械を用いて、小さなシミや薄いシミも、徹底的に除去してくれます。

加工を施す

必要に応じて、防虫加工や撥水加工など、各種加工を施します。加工に関しては、クリーニングに出す際にお店のスタッフと決めましょう。

加工には追加料金がかかりますが、様々なダメージからコートを守るためにとても有用です。ダメージを受けた後に修復するほうがかえってお金がかかってしまう可能性もありますので、大切なコートをクリーニングに出す際にはぜひ利用を検討してみてください。

乾燥させる

洗浄と同じように、コートの種類と状態に合った方法で乾燥させます。

代表的な乾燥機には「静止乾燥機」「ドラム式乾燥機」の2つがあり、前者はハンガーにかけたまま乾燥させることができるため、繊維やボタンなどに与えるダメージが少なく、デリケートなコートもキレイに乾かすことができます。後者はダウンコートに向いていて、回るドラムの中で一定の力が加わることにより、羽毛がほぐれてボリュームが増すというメリットがあります。

アイロンをかける

コートの素材やデザインを損なわないように、1枚1枚丁寧にアイロンがけをしながらシルエットを整えていきます。コートは防寒着というだけでなく、オシャレを楽しむための大切なファッションアイテムでもあるので、この作業はとても重要です。

素材によっては一般的に馴染み深いハンドアイロンだけで仕上げることもありますが、コートの場合、特殊な素材であったりシルエットや折り目に強いこだわりがあることが多いので、クリーニング店ならではの機材を使ってアイロンをかけることがほとんどです。

例えば、ハンガーにかけたコートを高温のスチームが噴出しているトンネルに一着ずつくぐらせる方法や、トルソーのように人の形をした機械にコートを着せてシルエットを保ったまま、内側から高温のスチームをあてる方法などがあります。

また、最後は機械ではなく、人の手で必要な箇所にアイロンをかけていくというのですから驚きです。

検品する

洗浄、乾燥、アイロンがけが終わったら、持ち主に返却してよいかどうかを人の目で検品します。

汚れやシミは落ちているか、シワがついていないか、必要のない箇所に折り目がついていないか、付属品はきちんと揃っているかなど、決して少なくないチェック項目をひとつずつ確認していきます。

問題がないと判断されたら、コートをハンガーにかけ、その上からビニール製、または不織布製のカバーをかければ完成です。

まとめ

コートのクリーニングについて詳しく説明しました。

クリーニングの必要性や具体的な方法、注意点について理解できたのではないでしょうか。

SENTAKUが最もおすすめしたい宅配クリーニング店は別の記事で紹介しています。複数の宅配クリーニング業者を比較して選定しているので参考になると思います。

関連記事

Back to top button
Close