基本情報

ネクタイをクリーニングに出すべき理由と、金額相場、出し方などを解説

ネクタイってクリーニングが必要?

ビジネスや冠婚葬祭の場はもちろん、ファッションアイテムとしても活躍するネクタイ。あなたは、どのように手入れしていますか?

ネクタイは色が濃いものや柄が入っているものが多いため、汚れやシミが付着してもあまり目立ちませんし、直接肌に触れるわけではないので、汚れているイメージがないかもしれません。

例え目立つ汚れやシミがなくても、汗や皮脂、外気によって、ネクタイは確実に汚れています。確かに直接肌に触れるわけではありませんが、ネクタイは体温が高い首もとに巻くので、あなたが想像している以上に汗が染み込みやすいのです。

また、ほとんどのネクタイは、シルク100%など、デリケートな天然繊維でできています。そのため、自分で洗うと毛羽立ってしまったり、よれたりしてしまう可能性があります。

ネクタイを清潔に、キレイなシルエットのまま保ちつづけるためには、定期的にクリーニングに出すことが大切なのです。

そこで今回は、ネクタイをクリーニングに出すべき頻度、金額相場、収納方法などをご紹介いたします。

ネクタイをクリーニングしないとこうなる!

汚れたネクタイ

体の中心部分に位置するネクタイは、実はとても汚れやすいアイテムです。一見すると分からなくても、汗、皮脂はもちろん、砂ぼこりや排気ガス、花粉、雨や雪などによる汚れが確実に蓄積しています。

そういった汚れを落とさないまま放置しておくと、生地の変色や黄ばみ、シミ、型くずれ、悪臭などのトラブルの原因になります。湿気が多い季節だと、カビが生える可能性があります。

キレイな状態のまま収納していたはずなのに、いざつけようと思ったら汚れやシミなどでひどい状態になっていた、という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、ほとんどのネクタイはとても繊細なシルクでできているため、自分では洗わない方が無難です。自分で洗ってしまうと、毛羽立ってしまったり、触り心地が悪くなったりしてしまいます。

素材が繊細なだけでなく、結び目を作りやすくするために伸縮性がよい仕様になっているので、型くずれもしやすいです。

大切なネクタイは、クリーニングに出してキレイにしましょう。

自分で洗えるネクタイと洗えないネクタイ

たくさんのネクタイ

自分で洗えるネクタイ

<水洗いできるネクタイ>

水洗いできるネクタイは、基本的に自分で洗うことができます。ポリエステル100%など、化学繊維でできているネクタイは水洗いできることが多いです。

洗濯表示を確認すると、水洗いができる衣類なのか、そうでないのかが分かります。洗濯表示とは、「繊維製品の取扱いに関する表示記号」のことで、衣類の正しい洗い方や干し方など、衣類の取扱いに関する重要な情報が記載されています。

洗濯表示について詳しく知りたい方は、下記の消費者庁の公式ホームページからご確認ください。

平成28年12月1日から新しくなった洗濯表示マーク
(消費者庁公式ホームページ「洗濯表示(平成 28年12月1日以降)」)

平成28年11月30日まで使われていた洗濯表示マーク
(消費者庁公式ホームページ「洗濯表示(平成28年11月30日まで)」)

自分で洗えないネクタイ

<水洗いできないネクタイ>

洗濯表示を確認し、水洗いができないと記載されているネクタイは、必ずクリーニングに出しましょう。

ネクタイはシルク100%など、天然繊維でできていることが多いので、水洗いできないことがほとんどです。

水洗いができないということは、水洗いをしてしまうと色落ちや変色、型くずれなど、様々なトラブルが起きてしまう可能性が高いということなので、絶対に自分では洗わないでくださいね。

<高級なネクタイ>

高級なネクタイには職人のこだわりが詰まっているので、より丁寧に洗う必要があります。

風合いやシルエットを損なわないようにキレイにするにはプロの技術が必要なので、信頼できるクリーニング屋さんに出してください。

ネクタイをクリーニングに出すべき頻度

ネクタイは、3ヶ月に1度、衣替えの時期を目安にクリーニングに出しましょう。汗をかきやすい夏場は、2ヶ月に1回、あるいは1ヶ月に1回など、もう少し頻度を高めてもよいかもしれません。

とは言え、ネクタイは繊細な素材でできていることが多く、クリーニングに出し過ぎると生地を痛めてしまいますので気をつけてください。

ただし、食事中にソースやラーメンの汁をつけてしまったり、ボールペンのインクなどでネクタイを汚してしまった場合は、自分ではなにもせず、できるだけ早くクリーニングに出してください。

おしぼりで拭いたり、もみ洗いをしたり、自己流で汚れを落とそうとすると、かえってネクタイにダメージを与えてしまうかもしれません。

大切な商談や、面接の時に使いたいネクタイをクリーニングに出すのもよいでしょう。

判断が難しいという方は、同じネクタイを10回ほど着用したらクリーニングに出すようにするとよいでしょう。

ネクタイのクリーニングサービスについて解説

ネクタイのクリーニングに必要な日数

カレンダー

ネクタイのクリーニングにかかる日数は、だいたい5〜7営業日ほどです。なかには2日ほどで仕上げてくれるクリーニング屋さんもあるので、急ぎで利用したい方は調べてみてください。

シミ抜きや撥水加工、防虫加工など、基本メニューにオプションを追加した場合はその限りではありません。

ネクタイのクリーニング代金、金額相場

クリーニング代金

ネクタイのクリーニング代は、平均すると400〜600円ほどです。ネクタイの素材や形、汚れの種類によっては800円以上することもあります。高級ブランドのネクタイは特に高く、1,000円以上かかります。

ワイシャツの平均的な価格帯が約100〜300円であることを考えると、少々高く感じるかもしれませんが、それだけネクタイのクリーニングは難しくて手間がかかるのです。

シミ抜きや撥水加工、防虫加工など、オプションを利用する場合は追加料金がかかります。
ビジネスセットと銘打って、ネクタイだけでなくスーツやワイシャツと一緒に出すとよりおトクにクリーニングしてくれるお店や、会員登録をすることで会員割引が適用される、あるいはクーポンを発行してくれるお店もあるので、気になる方は確認してみてくださいね。

ネクタイのクリーニングの出し方

ネクタイをクリーニングに出す方法を解説します。

①汚れやシミを確認する

ネクタイのクリーニング

ネクタイ全体をよく確認し、特に気になる汚れやシミを見つけた場合は、必ずクリーニング屋さんのスタッフに伝えてください。その際、汚れやシミの原因や種類について詳しく説明できるとなおよいです。クリーニング屋さんが的確な処置をしやすくなります。

汚してしまった覚えがなくても、気づかないうちに汚れやシミが付着している可能性がありますので、必ず確認してくださいね。

また、預ける前と預けた後の状態を比較するために、クリーニングに出すネクタイの写真を何枚か撮影しておくとよいでしょう。

汚れやシミの確認も、撮影も、できるだけ明るい場所で行ってください。色の濃いネクタイや柄が入っているネクタイに付着している汚れやシミは、肉眼でも見落としやすいです。

②ほつれや擦り切れを確認する

ネクタイの状態を確認

ほつれている箇所や擦り切れている箇所を見つけたら、自分で修繕するか、クリーニング屋さんに修繕してもらうようにしてください。

ほつれや擦り切れをそのままにしておくと、クリーニング中にその箇所からダメージが広がってしまう可能性があります。

③不要な紙袋に入れる

クリーニングに出したいネクタイはそのままの状態で軽くたたみ、不要な紙袋に入れて店舗に持っていくとよいでしょう。

ネクタイにカバーをかけてクリーニング屋さんに持っていく方もいるかもしれませんが、クリーニング屋さんが預かってくれるのはネクタイだけです。カバーは家に持ち帰るか、その場で破棄することになるため、かえって手間にならなってしまします。

クリーニング屋さんに到着するまでにかなり時間がかかる場合は、新たに汚れが付着してしまわないように、カバーで保護するようにしましょう。

ネクタイが返却されたらやるべきこと

①ビニールカバーを外す

クリーニング屋さんから返却されたネクタイには、ビニールカバーがかけられていますよね。このビニールカバーは、なるべく早めに取り外すようにしてください。

ビニールカバーは通気性が悪く、カビの発生や素材が劣化する原因になります。間違っても、ビニールカバーをかけたまま収納しないようにしてください。

クリーニング屋さんによっては、ビニール製ではなく不織布製のカバーをサービス、またはオプションでつけてくれるところがあります。不織布製のカバーは通気性がよいため、そのまま使用して問題ありません。

②仕上がりをチェックする

事前に伝えておいた汚れやシミがきちんと落ちているか、型くずれを起こしていないかなどを確認してください。

仕上がりに不満がある場合は、再クリーニングしてもらいましょう。再クリーニングは、一定の期間内であれば無料で行ってくれる店舗がほとんどです。

③干す

クリーニングから返ってきたネクタイはすぐに使わず、半日ほど干して湿気を完全に取り除くようにしてください。あくまで湿気を取り除くことが目的ですので、部屋干しで問題ありません。

むしろ、外に干してしまうと新たにホコリや花粉が付着してしまうかもしれませんので避けてください。

④収納する

ネクタイを収納する方法は、次の3パターンがあるでしょう。ネクタイの収納に使用できるスペースや、自分の好みに合わせて収納してください。

<平置き>

ネクタイの収納

ふんわりと二つ折り、または四つ折りにして、平らな場所に並べて保管します。充分なスペースが必要になりますが、シワになりにくく、ネクタイを傷めずに保管することができます。

<丸める>

ネクタイを丸める

小剣の方からくるくると丁寧に巻き、仕切りのある引き出しなどに入れて保管します。きつく巻いてしまうとシワや型くずれの原因になりますので、適度な力で巻いてください。

<吊るす>

一般的にネクタイハンガーと呼ばれる、ネクタイ専用のハンガーに吊るして保管します。かさばらないので便利です。ただし、ニット素材のネクタイなど、吊るすことによって伸びてしまうネクタイなどは吊るさないでください。

クリーニング屋さんによっては、ネクタイを長期的に保管してくれるサービスを行っているところもあります。ネクタイの所持数が多い方は、必要に応じて活用してくださいね。

どんなクリーニング屋さんを選べばよいの?

クリーニング屋さんは沢山ありますが、大切なネクタイなら適切なクリーニング屋さんを選んでお願いしましょう。

なお、クリーニング代は洗濯物の種類やお店、サービス内容によってかなり差がありますので、実際にクリーニングに出す前に必ず確認してください。

急ぎたいならお近くのクリーニング店を選ぶ

日常的に着用するネクタイをスピーディーに仕上げてもらいたい場合や、シーズン終わりにネクタイをリフレッシュさせたい場合は、自宅からアクセスがよい地域のクリーニング屋さんチェーンのクリーニング屋さんに持っていくことをおすすめします。

高級なネクタイや酷い汚れを落とすには専門クリーニング店へ

高級なネクタイをキレイにしたい場合や、自分で洗っても落ちないシミや汚れを落としたい場合は、専門的な技術を持つクリーニング屋さんに持っていくことをおすすめします。

専門的な技術を持つクリーニング屋さんが近くにない場合や、ネクタイを含む大量の洗濯物を一気にクリーニングに出したい場合は、宅配クリーニングを利用することをおすすめします。

おすすめの宅配クリーニング業者は別の記事でまとめているので、チェックしてみてください。
おすすめ宅配クリーニングを徹底比較!最もおすすめの業者はここ!

ネクタイのクリーニングで注意したい点

ネクタイに限った話ではありませんが、タグがない、あるいは印字が薄くなっているなどの理由で洗濯表示が確認できないネクタイは、正しい洗濯方法がわからないため、基本的にクリーニングに出すことができません。

このようなネクタイをクリーニングに出したい場合は、事情を伝え、クリーニング屋さんのスタッフと相談してください。特別料金でも構わない、失敗しても文句を言わないなどの条件付きでクリーニングしてくれるかもしれません。

また、ネクタイはシルクなど、繊細な素材を使用しているため、適度な頻度でクリーニングに出す必要があります。日頃のケアと、定期的なクリーニングの利用が、あなたの大切なネクタイを様々なダメージやトラブルから守ってくれますよ。

ネクタイを使った後は、馬毛や豚毛など、動物の毛でできているブラシを使って汚れを払い落とし、半日から1日ほど風通しのよい日陰に干して、湿気を完全に取り除くようにしましょう。
臭いが気になる場合は、消臭スプレーは使わず、スチームアイロンをかけましょう。消臭スプレーをかけると、ネクタイに使われている天然繊維が固くなってしまうことがあります。
一般的に、ネクタイは1度使ったら2日は休ませたほうがよいと言われています。できれば5〜7本ほど所持して、使い回すようにしましょう。

関連記事

Back to top button
Close