基本情報

ワイシャツはクリーニングに出すべき?自分で洗えるものと洗えないものとは?

ワイシャツってクリーニングが必要?

スーツの下に着用することが多いワイシャツは、ビジネスパーソンにとって大切な衣類です。常に清潔でシワひとつない状態を保つことができたら、とても気分がいいですよね。

ほとんどのワイシャツは家庭にある洗濯機で洗うことができますが、クリーニングに出すと、買ったばかりのように真っ白になる、面倒なアイロンがけを自分でする必要がない、などのメリットがあります。

また、ワイシャツのクリーニング代はどのクリーニング屋さんでも安いことが多いです。平均すると100〜200円ほど、安いところだと100円以下でクリーニングできるので、なかには1度着たワイシャツは全てクリーニングに出している、という方もいるようです。

そこで今回は、ワイシャツをクリーニングに出すべき頻度や、金額相場、注意したい点などをご紹介いたします。

ワイシャツをクリーニングしないとこうなる!

汚れたワイシャツ

基本的に、ワイシャツは家庭にある洗濯機で洗うことができます。しかし、同じワイシャツを何度も繰り返し着用し続けていると、それだけダメージが蓄積していきます。

最も気をつけなくてはならないのは、汗や皮脂による汚れやシミです。「汗ジミ」や「皮脂汚れ」、「タンパク質汚れ」が付着したワイシャツをそのまま放置してしまうと、生地の変色や黄ばみ、悪臭、襟元や袖口が黒ずむなどのトラブルが発生してしまいます。

完全に「汗ジミ」「皮脂汚れ」「タンパク質汚れ」を落とすのは難しいので、ワイシャツに定着してしまう前にクリーニングに出すようにしましょう。

また、目立つ汚れやシミがないからといって、ワイシャツを一切クリーニングに出さず、そのままの状態でクローゼットに長期間収納しておくと、クローゼットの中に溜まった湿気や目に見えない汚れが原因で、カビが発生してしまうことがあります。カビを根絶するためには、速やかにクリーニングに出す必要があります。

自分で洗えるワイシャツと洗えないワイシャツ

自分で洗えるワイシャツ

<水洗いできるワイシャツ>

家庭の洗濯機

水洗いできるワイシャツは、基本的に自分で洗うことができます。ほとんどのワイシャツは水洗いが可能です。

洗濯表示を確認すると、水洗いができる衣類なのか、そうでないのかが分かります。洗濯表示とは、「繊維製品の取扱いに関する表示記号」のことで、衣類の正しい洗い方や干し方など、衣類の取扱いに関する重要な情報が記載されています。

洗濯表示について詳しく知りたい方は、下記の消費者庁の公式ホームページからご確認ください。

平成28年12月1日から新しくなった洗濯表示マーク
(消費者庁公式ホームページ「洗濯表示(平成 28年12月1日以降)」)

平成28年11月30日まで使われていた洗濯表示マーク
(消費者庁公式ホームページ「洗濯表示(平成28年11月30日まで)」)

自分で洗えないワイシャツ

<水洗いできないワイシャツ>

洗濯表示

洗濯表示を確認し、水洗いができないと記載されているワイシャツは、必ずクリーニングに出しましょう。

ワイシャツは基本的に水で洗えるはずなので、水洗いができないということは、水洗いをしてしまうと色落ちや変色、型くずれなど、様々なトラブルが起きてしまう可能性が高いということです。形状や素材が特殊なワイシャツは要注意です。

<高級なワイシャツ>

高級なワイシャツには、繊維自体が細く、上質なコットンが使われていることが多いです。コットンでありながら、シルクのような光沢となめらかな肌触りを持ち合わせています。

こういった高級なワイシャツは、一般的なワイシャツと同じように洗ってしまうと、せっかくの風合いが損なわれてしまいかもしれませんので、できるだけクリーニングに出すようにしましょう。

ワイシャツをクリーニングに出すべき頻度

ワイシャツの汗ジミ

ほとんどのワイシャツは家庭で洗うことができますから、頻繁にクリーニングに出す必要はありません。

ワイシャツをクリーニングに出すべきタイミングは、黄ばみやシミ、汚れ、異臭などがひどく、自分で洗っても落ちない時です。

大切な商談や、面接の時に着用したいワイシャツをクリーニングに出すのもよいでしょう。

オールシーズンのワイシャツではなく、夏物や冬物のワイシャツは、シーズンが終わったら長期的に収納することになるので、収納する前に、一度クリーニングに出してリフレッシュさせるのもよいですね。

クリーニングに出したワイシャツは、新品同様になって返ってくるのでとても気持ちがよいです。しかし、あまりに頻繁に出すと生地に負担がかかってしまい、ダメージが進行してしまいますので、適度な頻度を守ってクリーニングを利用してください。

あるいは、ワイシャツは消耗品だと割り切って、1度着用したらその都度クリーニングを利用してもよいかもしれません。

プロならではのパリッとした立体的な仕上がりは魅力的ですし、ワイシャツのクリーニング代は高くないので、それほど家計を圧迫しません。

ワイシャツのクリーニングサービスについて解説

「ワイシャツ」の定義

ワイシャツの定義

ワイシャツは、一般的には男性がスーツの下に着用するビジネス向けのシャツです。素材は綿かポリエステルで、基本的には白無地を基調としています。

ワイシャツと形が同じ、あるいはジャケットの下に着用できる襟がついたシャツであっても、柄ものや色の濃いもの、素材が特殊なものなどはクリーニング店では多くの場合「デザインシャツ」「ブラウス」などとして別途メニューが設けられており、料金設定も異なるので注意しましょう。

ワイシャツのクリーニングに必要な日数

日数

ワイシャツは基本的に1〜3営業日、最短ですと当日中に仕上がります。

ワイシャツのクリーニングは競争率が高いので、午前中までに出せばその日の夕方に返却されることウリにしているお店も多いです。

ただし、シミ抜きや撥水加工、防虫加工など、基本メニューにオプションを追加した場合はその限りではありません。

ワイシャツのクリーニング代金、金額相場

電卓

ワイシャツの種類やクリーニング方法などによって多少の違いはありますが、平均的な価格帯は約100〜300円です。なかには100円以下でクリーニングしてくれるお店もあります。

ワイシャツは、クリーニング屋さんのメニューの中で最も安価であることが多いです。更に、更会員登録をすることで会員割引が適用される、あるいはクーポンを発行してくれるお店もあるので、ぜひ確認してみてください。

シミ抜きや撥水加工、防虫加工など、オプションを利用する場合は追加料金がかかります。
ビジネスセットと銘打って、ワイシャツと一緒にスーツやネクタイを出すと、よりおトクにクリーニングしてくれるお店もあります。
ワイシャツの返却方法には「ハンガー仕上げ」と「たたみ仕上げ」があり、「ハンガー仕上げ」は無料ですが、「たたみ仕上げ」を選ぶと、50〜100円程度の追加料金がかかります。

「ハンガー仕上げ」はハンガーに吊るした状態で返却してくれるので、ワイシャツをそのまますぐ着たい時に便利です。

「たたみ仕上げ」はキレイにたたんで返却してくれるので、出張などでワイシャツを持ち運ぶ必要がある時に便利です。

ワイシャツのクリーニングの出し方

ワイシャツをクリーニングに出す方法を解説します。

①胸ポケットの中身を空にする

胸ポケット

ワイシャツに胸ポケットが付いている場合は、中身を確認しましょう。クリーニング屋さんでも確認してくれますが、見つかった物を保管し、返却してくれるとは限りません。

ワイシャツの胸ポケットには、紙幣やボールペン、ガムなどを無意識のうちに入れてしまいがちです。必ず自分の目で確認してくださいね。

②汚れやシミを確認する

ワイシャツのシミ

ワイシャツ全体を確認し、特に気になる汚れやシミを見つけた場合は、必ずクリーニング屋さんのスタッフに伝えてください。その際、汚れやシミの原因や種類について詳しく説明できるとなおよいです。クリーニング屋さんが的確な対処をしやすくなります。

汚してしまった覚えがなくても、気づかないうちに汚れやシミが付着している可能性がありますので、確認し忘れないようにしてください。

また、預ける前と預けた後の状態を比較するために、クリーニングに出すワイシャツの写真を何枚か撮影しておくとよいでしょう。

③ほつれやボタンの状態を確認する

裁縫セット

袖や裾がほつれていたり、ボタンの一部が紛失、あるいは破損していたら、自分で修繕するか、クリーニング屋さんに修繕してもらうようにしてください。

ほつれや破損をそのままにしておくと、クリーニング中にその箇所からダメージが広がってしまう可能性があります。

最悪の場合、他の衣類にも影響を与えてしまうこともあるので、ワイシャツ全体を注意深く確認するようにしてください。

④不要な紙袋に入れる

クリーニングに出したいワイシャツはそのままの状態で軽くたたみ、不要な紙袋に入れて店舗に持っていくとよいでしょう。

ハンガーにかけたり、カバーをかけたり、丁寧に梱包してクリーニング屋さんに持っていく方もいるかもしれませんが、クリーニング屋さんが預かってくれるのはワイシャツだけです。ハンガーやカバーなどは家に持ち帰るか、その場で破棄することになるため、かえって手間になってしまいます。

クリーニング屋さんに到着するまでにかなり時間がかかる場合は、新たに汚れが付着してしまわないように、カバーで保護するようにしましょう。

ワイシャツが返却されたらやるべきこと

①ハンガーとビニールカバーを外す

ワイシャツのタタミ仕上げ

「ハンガー仕上げ」の場合、ハンガーにかけられたワイシャツの上からビニールカバーがかけられた状態で返却されますよね。「たたみ仕上げ」の場合は、たたんだ状態の上からビニールカバーがかけられているでしょう。

このビニールカバーとハンガーはあくまで簡易的なもので、実用や保管には向いていませんので、なるべく早めに取り外すようにしてください。

ビニールカバーは通気性が悪く、カビの発生や素材が劣化する原因になります。ハンガーも、ワイシャツの肩幅やシルエットに合っていなものを使用すると、シワになったり型くずれが起きたりしてしまいます。

クリーニング屋さんによっては、ビニール製ではなく不織布製のカバーをサービス、またはオプションでかけてくれるところがあります。不織布製のカバーは通気性がよいため、そのまま使用して問題ありません。

②仕上がりをチェックする

事前に伝えておいた汚れやシミが落ちているか、折り目が正しくついているか、出す前にはなかったシワがついていないかなどを確認してください。

仕上がりに不満がある場合は、再クリーニングしてもらいましょう。再クリーニングは、一定の期間内であれば無料で行ってくれる店舗がほとんどです。

③干す

ワイシャツの部屋干し

クリーニングから返却されたワイシャツは、半日ほど干して湿気を完全に取り除くようにしてください。あくまで湿気を取り除くことが目的ですので、部屋干しで問題ありません。

むしろ、外に干してしまうと新たにホコリや花粉が付着してしまうかもしれませんので避けてください。

④収納する

木製のハンガー

すぐに着用せず、長期間収納する場合は、不織布製など、通気性のよいカバーをワイシャツにかけてから、丈夫で型くずれしにくい木製のハンガーにかけ、吊るしましょう。

ハンガーに吊るすのではなく、シワに気をつけながらキレイにたたんで、タンス、あるいは収納ボックスに収納しても問題ありません。

クリーニングで防虫加工をお願いしていない場合は、防虫効果のあるカバーを使用したり、防虫剤と一緒に収納するようにしてくださいね。

収納した後も、月に1度はクローゼットやタンスを開けて空気の入れ替えを行ってください。その際、ワイシャツを一旦取り出し、半日ほど日陰で干すとなおよいです。虫食いや、湿気によるカビなどからワイシャツを守ることができます。
クリーニング屋さんによっては、ワイシャツを保管してくれるサービスを行っているところもあります。ワイシャツの所持数が多い方は、必要に応じて活用してくださいね。

どんなクリーニング屋さんを選べばよいの?

クリーニング屋さんは沢山ありますが、大切なワイシャツなら適切なクリーニング屋さんを選んでお願いしましょう。

なお、クリーニング代は洗濯物の種類やお店、サービス内容によってかなり差がありますので、実際にクリーニングに出す前に必ず確認してください。

急ぎたいならお近くのクリーニング店を選ぶ

日常的に着用するワイシャツをスピーディーに仕上げてもらいたい場合や、シーズン終わりにワイシャツをリフレッシュさせたい場合は、自宅からアクセスがよい地域のクリーニング屋さんチェーンのクリーニング屋さんに持っていくことをおすすめします。

高級なワイシャツや酷い汚れを落とすには専門クリーニング店へ

高級なワイシャツをキレイにしたい場合や、自分で洗っても落ちないシミや汚れを落としたい場合は、専門的な技術を持つクリーニング屋さんに持っていくことをおすすめします。

専門的な技術を持つクリーニング屋さんが近くにない場合や、ワイシャツを含む大量の洗濯物を一気にクリーニングに出したい場合は、宅配クリーニングを利用することをおすすめします。

おすすめの宅配クリーニング業者は別の記事で詳しく解説しています。複数の業者を比較して選定しているのでチェックしてみてください。
おすすめ宅配クリーニングを徹底比較!最もおすすめの業者はここだ!

ワイシャツのクリーニングで注意したい点

ワイシャツに限った話ではありませんが、タグがない、あるいは印字が薄くなっているなどの理由で洗濯表示が確認できないワイシャツは、正しい洗濯方法がわからないため、基本的にクリーニングに出すことができません。

このようなワイシャツをクリーニングに出したい場合は、事情を伝え、クリーニング屋さんのスタッフと相談してください。特別料金でも構わない、失敗しても文句を言わないなどの条件付きでクリーニングしてくれるかもしれません。

ワイシャツはクリーニングが難しい衣類ではないので、他の特殊な衣類と比べると融通がききやすいです。

毎日のように着用するワイシャツだからこそ、クリーニングの利用方法をマスターし、賢く活用してくださいね。

形状記憶加工されているワイシャツは、クリーニングに出すのではなく、家庭で洗うことを前提として作られているので、クリーニングに出せないわけではないですが、クリーニングの利用は控えたほうが無難です。

襟や袖口部分に使われている、形状を保つための糊は高温に弱いので、クリーニング屋さんが使う、高温高圧の業務用プレス機でプレスすると、せっかくの形状記憶加工が少しずつ損なわれていってしまいます。

関連記事

Back to top button
Close