基本情報

クリーニングの料金相場は?宅配クリーニングは安い?

大切な衣類をクリーニングに出したいと思った時、最も気になるのは値段だと思います

全国のクリーニング屋さんの数は、なんと11万以上あると言われています。クリーニングにかかる費用は店舗、衣類、洗濯方法などによって変わりますから、調べ始めたらキリがないですよね。

なかには、どこがおトクかわからないからクリーニングに出すのを諦めた、なんて経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、代表的なクリーニング屋さんのクリーニング代を比較し、その理由を解説いたします!

クリーニングの価格相場

代表なクリーニング屋さんの価格相場をご紹介いたします。

衣類毎の価格相場

  • ワイシャツ:250円~500円
  • スーツ(上下セット):1,000円~4,000円
  • パンツ:400円~1,000円
  • ジャケット:1,000円~3,000円
  • 学生服ブレザー上:800円~3,000円
  • セーター:500円~1,500円
  • コート:1,500円~2,000円
  • ダウンコート:2,000円~5,000円
  • ワンピース:900円~2,000円
  • スカート:600円~1,500円
  • ネクタイ:350円~1,000円
  • マフラー:500円~2,000円
  • 皮革ジャケット:8,000円~
  • 着もの:5,000円~

店によって価格相場に幅があるものとその理由

店によって価格相場に幅があるものとその理由

クリーニングの価格相場を見ると、店によって価格相場に幅がある衣類とない衣類があることに気づかれるかと思います。例えば、ワイシャツのクリーニング代にはほぼ差がありません。ほとんどのお店が200〜300円前後に設定しています。

ワイシャツのクリーニング代が低価格、かつ安定している理由は主に2つあります。

1つは、プレス機の進化によってアイロンがけにかかる時間とコストが大幅に削減されたこと。もう1つは、頻繁にクリーニングに出してもらえるワイシャツのクリーニング代を安くすることで、常連客を確保したいと考えた店が多かったことです。

それでは、ワイシャツとは違い、価格相場に幅がある衣類にはどのようなものがあるのでしょうか? 理由とともにご紹介いたしますので、ぜひチェックしてください。

スーツ

クリーニング価格の相場、スーツ

画一的な方法でスーツをクリーニングしている店と、スーツに特化した方法でクリーニングをしている店があるため、スーツのクリーニング代は店によって大幅に異なります。

ビジネスパーソンの戦闘服であり、冠婚葬祭など、重要なシーンで活躍することが多いスーツ。スーツは、そもそも購入金額に差があります。安価なものだと約1万円、高価なものだと約10〜30万円ほど。高級ブランドやオートクチュールのスーツであれば、50万円以上することも珍しくありません。

なぜ、スーツは高いのか。その理由は、スーツに使用されている生地が品質のよいウールであること製造工程が複雑で、職人の洗練された技術が必要であること、製造から販売にいたるまでの人件費が他の衣類の数倍かかることなどが挙げられます。

細部までこだわり抜かれているスーツですから、当然、クリーニングする際には細心の注意を払う必要があります。特に、ウールなどの動物繊維に含まれている油分は、ドライクリーニングをすると少しずつ落ちていってしまうので、いかに品質を低下させずにキレイにするかがプロの腕の見せ所となります。

安く仕上げようと思えば安くできるが、こだわって仕上げようと思えばいくらでもこだわることができる。それがスーツのクリーニングなのです。

クリーニング価格の相場、スーツ②

スーツのクリーニングを専門としている店では、クリーニングする前のスーツの状態や、仕上がりの希望、注意点などを事細かに記載したカルテを作成し、カルテの内容に沿って、理想的なスーツになるようクリーニングします。当然、かかる費用は高いですが、リフォームやアフターケアも充実しているため、スーツを購入時、あるいは購入時よりも着用しやすい状態にしてくれます。

定期的に買い換える前提で購入したスーツであれば、クリーニング代ができるだけ安い店に出すのがよいですが、高級なスーツや思い入れのあるスーツは、スーツに関する専門的な技術を持つ店に出すことをおすすめします。

コート

クリーニング価格の相場、コート

ひとくちにコートと言っても様々な種類がありますが、店によってその分類方法が異なるため、コートのクリーニング代は大幅に異なります。

基本的に、コートのクリーニング代は「長さ」「素材」「加工」によって決められています

長さ:当然長ければクリーニング代が高く、短ければ安いです。判断基準は店によりますが、膝下からくるぶしまで丈があるコートをロングコート、腰から膝上まで丈があるコートをハーフコートとしている店が多いようです。丈が腰までのものは、コートではなくジャケットに分類されます

素材:リアルファー、アンゴラ、カシミアなどの高級な素材や、ニットやダウンなどの繊細で扱いが難しい素材だとクリーニング代が高くなります。素材によってきちんとクリーニング方法を変えてくれるか、素材を極力痛めないようにクリーニングしてくれるかは、店の技術力にかかっています。

加工:特殊な加工がされているコートは、クリーニング代が高くなります。マッキントッシュのゴム引きコートや、ユニクロのシームレスダウンなどがこれにあたります。クリーニング後の状態が保証できないという理由から、そもそも取り扱っていない店もあります。

以上のようなコートを一般的なコートと同じ値段、つまり基本料金に設定している店を利用したい時は、事前に理由を確認するようにしてください。明確な回答を得られない場合は、知識量や技術力が伴っていない可能性があります

ダウン

クリーニング価格の相場、ダウンジャケット

ダウンは中綿にガチョウやアヒルなど、水鳥の羽毛を使用しているため、一般的なドライクリーニングではなくウェットクリーニングを行う必要があります。

ウェットクリーニングはドライクリーニングに比べると歴史が浅く、今もなお開発が続けられています。使用する溶剤も店によって違うだけでなく、決まった方法というものがないので、ダウンのクリーニング代は店によって大幅に異なります。

なぜダウンをドライクリーニングしてはいけないのかと言うと、ドライクリーニングに使用される工業ガソリンなどの石油系有機溶剤がダウンに使用されている羽毛の油分を落としまうからです。羽毛の油分が落ちると、保温性が失われてしまいます。

店からドライクリーニングを勧められた場合は、納得できるまで理由を確認してください。

革製品

クリーニング価格の相場、革製品

革製品は経年変化が魅力的なアイテムですが、その分、実物を確認しないとどのようなクリーニング方法が適しているかを判断することができないため、店によってクリーニング代が異なります。

革製品は非常に繊細で傷みやすく、クリーニングにはそれ相応の技術が必要になります。高ければよいというものではないですが、クリーニング代があまりにも安いと感じる場合は、クリーニング方法や仕上がりのイメージなどを共有しておいたほうがよいかもしれません

プリーツ・装飾品がある衣類

クリーニング価格の相場、プリーツ・装飾品がある衣類

プリーツや装飾品が特徴的な衣類はクリーニング方法を工夫する必要があるため、クリーニング代が高くなります。

クリーニング方法だけでなく、プリーツの本数によって値段が変わるのか変わらないのか、対象となる装飾品とはなにか、といった判断基準も店によって異なります。

宅配クリーニングと実店舗の値段相場の違い

実店舗と宅配の価格の違い

宅配クリーニングは高い、というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。実は、宅配クリーニングと実店舗の値段相場はほぼ同じなんです。

むしろ、スーツやコートなど、1点あたりのクリーニング代が高い衣類は、宅配クリーニングに出したほうがおトクです。宅配クリーニングでは、一部の特殊品を除き、衣類であれば何をお願いしても1点あたりの価格が変わらない「詰め放題」などのサービスを用意しているところが多いからです。

宅配クリーニングの送料

宅配クリーニングとなると送料が気になるところですが、送料無料、あるいは一定の利用金額を超えれば送料が無料になるところも少なくありません。

なるべく早く仕上げてもらいたい場合は実店舗を利用するほうがよいですが、そうでない場合は、ぜひ宅配クリーニングの利用を検討してみてください。宅配クリーニングなら、自宅で梱包した衣類を宅配業者に預けるだけで、クリーニング店がクリーニングを行って返送してくれるので、とても便利です。

オプションで何がいくらでできるのか?

大切な衣類をより長く、キレイな状態で着用し続けるために、クリーニング屋さんでは様々なオプションを用意しています。主要なオプションの内容と価格相場をまとめました。

主要なオプションの価格相場

シミ抜き

宅配クリーニングのオプション、シミ抜き

シミ抜きは、無料のものと有料のものがあります。シミのサイズが小さく、落とすのが簡単なシミは、無料で落としてもらえることが多いです。

反対に、シミのサイズが大きい、落とすのに時間がかかる、素材がデリケートなため生地を痛めずにシミ抜きをするのが難しい、というような場合は有料になります。

汗抜き

宅配クリーニングのオプション、汗抜き

汗抜き加工は大抵追加オプションとなります。

安価な業者では一律500円、多くは800~2000円程になります。スーツや制服などは上下セットか一点のみかで変わる業者と一律料金を採用している業者があるので、要確認です。

また、パック料金に含まれている業者もあります。

漂白

1点で800~2000円程度が相場になります。シミ抜きと同一サービスであったり、元々パック料金に含まれている業者もあります。

撥水加工

宅配クリーニングのオプション、撥水加工

1点で400~1000円程度、パック料金制の業者ですと、10点パックで3000円程度と、比較的安価で依頼できるオプションになっています。

元々パック料金に含まれている業者もあります。

防虫加工

1点500円~1000円程度、パック料金制の業者ですと、10点パックで4000円程度が相場になっています。1点から引き受けている業者は依頼品の大きさで値段が変動する場合もあります。

元々パック料金に含まれている業者もあります。

花粉付着防止加工

<div class="picbox">宅配クリーニングのオプション、花粉付着防止加工</div>

1点800円~1000円程度、パック料金制の業者ですと、10点パックで5000円程度が相場になっています。1点から引き受けている業者は依頼品の大きさで値段が変動する場合もあります。

パック料金に含まれている業者もあります。

寸法直し

宅配クリーニングのオプション、寸法直し

寸法直しを行っている業者は少ないですが、取り扱っている業者もあります。

パンツ(裾)1800円前後
パンツ・スラックス(ウェスト)3500円前後
シャツ・Tシャツ(袖・裾)4000円前後
スカート(丈)4000円前後
スカート(ウェスト・幅)4000円前後

相場はこの辺りにになります。取扱業者が少ないので安価なところを選びづらいというネックはありますが、クリーニングとお直しを一か所にまとめてしまえば手間は省けます。

ボタン付け

宅配クリーニングのオプション、ボタン付け

ボタンが取れかかっている、といった簡易的なものであれば、無料で行っている業者も多いです。完全に取れている場合や、その際はスペアボタンの有無など、状態にもよるので業者に確認してみましょう。

有料の業者ですと、Ýシャツは50~650円、ジャケット・スーツは200~3400円、コートや厚手のアウターは300~3400円辺りが相場となっています。一見業者により大きな差があるように感じられますが、ボタン1個の値段を表記している業者と1商品単位の値段を表示している業者があるので一概にここが安い、高いと判断はできません。

依頼したい品の状態と業者の料金形態を照らし合わせ、確認してみるのが良いでしょう。

ファスナー交換

宅配クリーニングのオプション、ファスナー交換

スライダーのみの交換であれば、ジャケット・コートなどは840円~、スラックスなどは500円~程度で取り扱われています。

ファスナー全体を交換となるとまた値段も変わってきます。ジャケット・コートなど5000円~、はスラックスなどパンツは3000円~程度となっています。

長期保管

大抵はパック制が採られていて、商品数に応じて値段が変わります。10点11000円、20点15000円などは安価な方で、5点14000円といった比較的価格の高い保管サービスもあります。
1点のみ保管できるサービスもあり、クリーニング料金+500円程度となります。

また、元々のサービスに含まれている場合もあるので、そちらと比較してみるのもよいでしょう。

真空圧縮

布団クリーニングの場合、真空圧縮サービスを行ってくれる業者もあります。

1点につき1000円、といった業者や、3点パック14000円(クリーニング費込み)と、業者によって形態も違いますので、確認してみましょう

関連記事

Back to top button
Close